スポンサーリンク

年賀状は値上げしないが投函日に要注意!!値段が変わる投函期間はいつ?

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
351

郵便料金の改訂によって、2017年6月1日から62円に値上げしたはがき。定形外郵便物とゆうメールも同時に値上げしましたが、年賀はがきは値上げしないと発表がありました。

年賀はがきが値上げしない理由は、年賀はがきは一定の期間で集中的に配達されるため、相対的にかかるコストが低いとのこと。

まとめて多くの枚数を出す年賀状が値上げせず、52円のままというのはコストが上がらず嬉しいですが、気をつけて欲しいのが、

年賀はがきが52円で出せる期間が決まっていること!

 

スポンサーリンク

年賀はがきが52円で出せる差出期間



年賀はがきを52円で差し出しできる期間は

2017年12月15日(金)〜2018年1月7日(日)

です。

差出最終日は1月7日(日)となっていますが、8日の朝一番の回収に間に合えばOKなので、8日の朝投函でもギリギリ間に合います。

1月8日以降に出す場合は、10円切手を貼って投函する必要があります。年末年始に帰省して、年賀状の返信が遅れて7日が過ぎてしまった場合、52円ではなく62円かかってしまうので注意が必要です。


私製はがきで年賀状を出す場合の値段は?


日本郵便が販売する年賀はがきの他にも、絵葉書や手作りはがきなどの私製はがきを利用して年賀状を出す場合の値段は、

2017年12月15日(金)~2018年1月7日(日)の期間に限り52円になります。

ただし、はがきの表面の見える場所にはっきりと必ず「年賀」の文字を朱記する必要があります。

つまり、赤い字で年賀と大きく目立つように書けばOK!

年賀」の朱記がない場合は、一般の普通郵便の扱いとされてしまいますので、料金は62円になり、料金不足で返送されてしまうので注意してください。


年賀状が余ったら普通はがきや切手に交換できる?


年賀状が余ってしまった場合、1枚につき5円の手数料を払えば普通ハガキや切手に交換することができます。

この年賀状は、去年の余った年賀状でも交換可能。ですが、去年の年賀状を今年の年賀状に交換することはできません。

ただし、普通はがきが62円になったため、交換するには15円払う必要があります。

値上げ前なら5円の手数料だけで済みましたが、10円値上げになったので、交換には15円かかってしまいます。

ですので、余った年賀状は、10円分の切手を貼り、懸賞用はがきとして使うのが一番の使い道になります。

はがきは使わないから切手に交換したい場合は、額面不足分+5円で交換できます。


まとめ


郵便料金の改訂によって、値上げしないことになった年賀状ですが、年賀はがきが値上げしないわけではなく、年賀はがきをだす期間によって値段が違うことになりました。

特に、いつも年賀状が来てから返信はがきを出している場合、差出日が1月8日以降になると52円から62円になるので注意しましょう!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント