スポンサーリンク

沖縄スイーツ 行列のできるかき氷の人気カフェ瑠庵 沖縄旅行2日目

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
IMG_4301

7月初旬の週末に子連れ家族旅行で沖縄旅行に行ってきました。

沖縄と言えばひんやりスイーツ!!

沖縄でフワフワのかき氷と手作りシロップで有名な、行列ができるかき氷人気店「瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)」へ行ってきました。


瑠庵(ruan)のかき氷は、一度食べたら忘れられない、見た目も味も豪華なそんなかき氷店を口コミします。


瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)のこだわり


お店は、沖縄県うるま市にある海中道路を渡って二つ目の島、宮城島の入り口付近にあります。

シロップは、ほとんど毎日手作りというこだわり。

フルーツのシロップは果肉からつくり、温度・粘度・糖度が重要なので、季節によっても調合を変えているそう。

沖縄かき氷といえば、氷の上にたくさんのフルーツが乗っているイメージがありますが、瑠庵のかき氷はいたってシンプル。こんもり盛られた氷の上にシロップのみがかかっています。

やちむんの器の色がシロップの色を際立たせ、シロップの色が器を際立たせるようにというこだわり。



背が低くて取っ手付きの器はやちむん。最後の最後までかき氷を食べやすくするためのデザイン。

瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)の店内


店内は、倉庫を改装したような作りで、白を基調にしていて、一見無機質な空間でありながら、シンプルでおしゃれな空間になっています。


カウンター席、2人掛け・4人掛け・8人掛けテーブル席があり、全部で22席ほど。

お店の一部には、やちむんの陶器の販売があり、購入することができます。



お店の前に駐車場が3台分。それ以外は、お店の先の道路路肩に停められます。

お店の外にはイスが置いてあるので、名前を書いて待ちます。


私達がが行った日は、7月上旬、日曜日の午後3時、すでに5組以上の人が待っていました。待ち時間は30分くらいでした。


陶器をみたり購入するだけなら、並ばずに中に入ることができます。


トイレの内装や小物もとてもおしゃれでした。ぜひトイレにも行ってみてください。



瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)のかき氷のメニューと値段



定番のかき氷から季節限定のかき氷まで。季節限定のかき氷の味は2種類。

私達が行ったときの季節限定は、「黒糖梅」と「ライチ」 でした。

さらに、人気のかき氷は午後3時の時点で売り切れ。売り切れていたのは、ぜんざい系のメニューが全部売り切れていました。

キャラメルミルクも、我が子の分で売り切れになりました。

絶対に食べたいかき氷がある場合、早めに行くことをお勧めします。



いちごミルクや抹茶ミルクなどの「ミルク」は小さいやちむんの器に入れてくれるので、最初はミルクなしで、半分くらい食べたらミルクをかけて食べると、2種類の味が楽しめるのでお勧め。


↑キャラメルミルクのキャラメル



瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)かき氷を食べた感想と口コミ


氷は、フワフワ。口に入れた瞬間にホワっと溶けて水になります。

ほとんどのシロップは手作りで、まるで果物をそのまま食べているような、凝縮された味で、最初から最後まで味が薄まることなくおいしくいただけます。

さらに、色合いが美しいやちむんの器に山盛りに盛られた氷は、いくら食べても頭がキーンとせず、飽きることなく最後まで食べつくすことができ、最後にお楽しみの白玉が出てきます。

また、時間が経つと最後の方は氷が解けてほぼ水になってしまうのがかき氷ですが、瑠庵(ruan)+ 島色(shimairo)のかき氷は、シロップの味がぼやけないので、最後はジュースとして飲み干すことができてしまうほどのおいしさ。

美しい見た目、洗練された味、最後の1滴までの食べやすさ。ここのかき氷を食べたら、他のかき氷は食べられなくなるほど、忘れられないかき氷です。



次男が頼んだいちごミルク

まるで完熟のイチゴを食べているかのような味。イチゴを食べた時の種のプチプチとした食感まで連想してしまうほどのおいしさ。
次男は4歳ですが、冷たーいと言いながらも最後まで完食!





長男が頼んだキャラメルミルク

ミルクがついてくると思いきや、氷に濃厚ミルクがかかっていて、キャラメルをかけるタイプでこれまたキャラメルがおいしい!
ミルクとキャラメルが合わさるとさらに滑らかなキャラメル味になって美味。





旦那さんが頼んだ抹茶ミルク。

抹茶の味がすごく濃くて大人の味。ミルクをかけると、甘さとほろ苦さが相まってとってもおいしい!





私が頼んだ季節限定黒糖梅。

梅シロップはすっきりさわやか。さっぱり食べることができました。黒糖がついてくるので途中でかけて食べると、黒糖のガリっとした歯触りとさっぱり味のかき氷で新鮮な味わいでした。



夏の暑い日、気温34度の日にかき氷を食べましたが、店内はエアコンが効いています。
その中でかき氷を食べるので、体が冷えてとても寒くなるので、カーディガンなどの羽織を持参することをお勧めします。




まとめ


沖縄といえばかき氷。沖縄のかき氷にはマンゴーや果物などのフレッシュフルーツが乗っているものが多い中、シンプルなみためと手作りのシロップとやちむんの陶器を器に使うなど、細部にまでこだわった瑠庵(ruan)のかき氷はわざわざ行って、並んででも食べる価値のあるかき氷です。

今回の沖縄旅行の食べ物の中でも、おいしかった食べ物上位に入りました。また次回の沖縄旅行でも絶対に行きたい名店です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント