Mr.Children新曲「himawari」キミスイ歌詞が泣ける!

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
thailand-1818390__340

Mr.Childrenの新曲「himawari」が、7月28日(金)に公開される映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌に決定したことが発表されました。

ファンにとっては嬉しすぎる発表です。

2017年はミスチルのデビュー25周年。

2017年に入ってから今までで、NHK「べっぴんさん」の主題歌「ヒカリノアトリエ」のリリースをはじめ、ホールツアーが開催されました。


この先は、ドーム&スタジアムツアーが控えているミスチルですが、「キミスイ」の映画主題歌をミスチルが提供したということは、ライブでも披露されるかもしれませんね。

スポンサーリンク



「キミスイ」の主題歌になった経緯


『君の膵臓をたべたい』は、2016年本屋大賞第2位に選ばれ、「泣ける小説」と若い女性を中心に口コミで広がった小説。


このインパクトのあるタイトルからは想像できない恋愛ストーリーですが、映画では原作にはない12年後の現在が描かれ、誰もが想像できない結末と、タイトルに隠された本当の意味がわかります。


映画『君の膵臓をたべたい』の制作陣は、現在の主人公の「僕」の心境を歌で表現することができるアーティスト、幅広い世代が共感できるアーティストとしてMr.Childrenへお願いしたんだとか。

ミスチルはこのオファーに快諾。

桜井さんは、この映画をとおして、新たなミスチルの世界観を作ることができたと、映画と物語に感謝しています。




桜井和寿(Mr.Children)コメント

この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ
それらを包み込みながらも
更に拡がりを持って押し出していける、
そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、
自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。
この映画に、物語に感謝です。



Mr.Children の新曲「himawari」の歌詞


Mr.Children の新曲「himawari」の歌詞や楽曲の発表はまだありませんが、原作者の住野よるさんは次のようなコメントをしています。




住野よる コメント

自分や自分の書いたお話が Mr.Children さんと関わる日が来るなんて思ってもみませんでした。
映画にとって主題歌はもの凄く大事なものだと思います。

たとえば映画に対する評価をひっくり返してしまうような重要性を持っているものではないかと。

そんな主題歌に、今回 Mr.Children さんが映画全体を包み込むようなスケールの楽曲を提供してくださったこと、
本当に「君の膵臓をたべたい」は幸せだなと思っています。

楽曲のタイトルが「himawari」、桜良(さくら)をヒロインとしたこのお話の主題歌に
夏の花のタイトルがついていたことに想像を悠々と超えられた感覚があったのですが、
それ以上に、桜が散ってもその先に足を踏み出さなくてはならない、
主人公やこの映画を観た全ての人にとってとても重要な曲になると感じています。



このコメントにあるように、映画と主題歌の歌詞や楽曲がリンクし、さらにその後のストーリーがイメージできるような曲に仕上がっていることは間違いありません。

心を揺さぶる情感あふれるメロディに感動の涙が止まらないことが予想できますね。




映画の予告から抜粋した歌詞です。


ありがとうもさよならも
僕らにはもういらない

嘘だよ そう言って笑う
君をまた期待しているから

いつも透き通るほどまっすぐに
明日へ飛び出す君がいる

眩しくて綺麗で苦しくなる

暗がりで咲いているひまわり
嵐が去った後の陽だまり

そんな君に僕は恋していた
そう今君は僕を


himawariの発売日


ニューシングル『himawari』は映画公開日の2日前、7月26日(水)に発売されます!

himawariはもちろん楽しみなのですが、他の収録曲も魅力的。

一番の楽しみは、2015年末のツアーのアンコールで初披露された楽曲“忙しい僕ら”。いつCDになるの?という多くのファンにとって待望の音源化!

また、初回限定盤には、himawariが完成するまでのドキュメンタリーと、2017年5月に名古屋センチュリーホールにて特別に演奏されたデビュー曲「君がいた夏」が収録されているので、これだけでも見る価値はありますね。

<収録曲>
1.himawari
2.メインストリートに行こう(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
3.PIANO MAN(Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
4.跳べ( Hall Tour 2017ヒカリノアトリエ)
5.終わりなき旅(2017.4.23 YOKOHAMA)
6.忙しい僕ら

<初回生産限定DVD>(約28分)
1.Documentary Of himawari
2.君がいた夏 (25th Anniversary Day - 2017.5.10 NAGOYA -)


これだけ収録されてこの値段!買わなきゃ損です。しかも、楽天ブックスなら14%OFFで予約購入できますよ♪

himawari [ Mr.Children ]

価格:1,530円
(2017/5/27 21:36時点)
感想(0件)




Mr.Childrenの過去の映画主題歌



    • 足音 〜Be Strong 東宝系映画『信長協奏曲』主題歌
    • Starting Over 東宝系映画『バケモノの子』主題歌
    • 放たれる 東宝系映画『青天の霹靂』主題歌
    • REM 東宝系映画『リアル~完全なる首長竜の日~』主題歌
    • 祈り 〜涙の軌道 東宝系映画『僕等がいた 前篇』主題歌
    • pieces 東宝系映画『僕等がいた 後篇』主題歌
    • 蘇生 エイベックス・エンタテインメント配給映画『ライフ -いのちをつなぐ物語-』主題歌
    • fanfare 東映系映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』主題歌
    • 花の匂い 東宝系映画『私は貝になりたい』主題歌
    • 旅立ちの唄 東宝系映画『恋空』主題歌
    • くるみ -for the Film- 幸福な食卓 松竹系映画『幸福な食卓』主題歌
    • フェイク 東宝系映画『どろろ』主題歌
    • ランニングハイ 東映系映画『フライ,ダディ,フライ』主題歌


どの主題歌も映画にマッチしていて、Mr.Childrenの曲によってさらにストーリーが印象に残るような楽曲が多いですね。

今回のキミスイの主題歌も、きっと期待を裏切るいい楽曲に仕上がっているはずです。公開が楽しみです!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント