給食帽子 簡単!たった20分でできる型紙不要の作り方

目安時間:約 3分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
IMG_6933


子どもの幼稚園では、毎月1回、食育を目的としたクッキングの時間があります。

園庭で育てた野菜を使ったり、旬の野菜や果物を使い、先生と子ども達で簡単な調理をするのですが、その時に必要なのが、エプロンと帽子。

長男の時は三角巾でOKだったのですが、三角巾はかぶるのが難しく、子ども一人ではつけれないとのことで、次男の時は、幼稚園からシャンプーキャップのような給食帽子にしてくださいと言われました。

「100円ショップのダイソーやセリアで売ってるよ」

とママ友に聞きましたが、小学校の白衣のような白い帽子はちょっと・・・と思い手作りすることにしました。

一見難しそうな給食帽子ですが、型紙がなくても20分程度で簡単に作れたので、作り方を紹介します。

スポンサーリンク

給食帽子の材料




カットクロス 50×55
バイアステープ 25mm巾×1.2m
ソフトゴム

すべて100円ショップで調達


給食帽子の寸法



直径38cmの円

※生地サイズは38×38あればOK


給食帽子の作り方


生地を38×38のサイズに裁断する。



裏面を上にして4つに折る。



円の中心になる角から定規かメジャーを合わせ、19cmの部分にずらしながらしるしをつける。



しるしをつけた点に沿って、布を重ねたままゆっくり裁断する。



バイアステープを半分に折り、円の縁に挟み込み、ミシンで縫う。



差し込むようにゆっくり縫うと、自然と円の丸みに沿ってバイアステープが添ってくるので、焦らずゆっくり。





バイアステープの部分にソフトゴムを通し、ゴムの強さを調整して結ぶ。




できあがり。







ゴムを入れてしまえば、縫った部分はクシャクシャになるため、多少のずれなどは全くきになりません。
縫う前にまち針でとめると縫いにくくなるので、ゆっくり縫いながら挟み込むように手でサポートしてあげると上手に円の丸みに沿わすことができます。


まとめ


丸い部分は、ミシン掛けが大変なイメージがありますが、ゆっくり縫うことで上手に縫うことができます。

幼稚園くらいの小さい子どもが、給食帽子をかぶった姿はとってもかわいいです。子どもの好きな柄の生地を使って、かわいい給食帽子を作ってみてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント