幼稚園や保育園のティッシュの名前が消えない裏ワザ

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
IMG_6105


幼稚園や保育園に持っていくポケットティッシュ。

このポケットティッシュに関する悩みが、名前がすぐに消えてしまうこと。

朝、ティッシュにはっきりとついていた名前が、帰ってきたときにはほとんど消えていることも・・・

その都度、書き直したり、お名前スタンプで押し直したり。この作業が結構な手間なんですよね。


スポンサーリンク



ポケットティッシュは、かわいいキャラクターや絵がついたものがたくさん売っていて、子どもは毎日日替わりでお気に入りのティッシュをポケットに入れて幼稚園に持っていきます。


幼稚園では、お友達とポケットティッシュの見せ合いをしているようで、ティッシュがコミュニケーションツールになっていると思ったらなんだか笑ってしまいました。



そんなポケットティッシュですが、園に持っていくものにはすべて名前を書かなければなりません。

ポケットティッシュはビニールに入っているので、名前はツルツルしたビニールに書くことになります。


ズボンのポケットに、ポケットティッシュを入れていると、ズボンの生地との摩擦であっという間に名前がこすれて消えてしまうのです。


そこで、ポケットティッシュに書いた名前が消えない裏ワザをご紹介します。


幼稚園や保育園に持っていくポケットティッシュの名前が消えない方法



1.ポケットティッシュに名前を書く

ポケットティッシュに油性ペンかねいみーなどのお名前スタンプで名前を書きます。


2.書いた名前の上から、セロハンテープを貼る

油性ペンやお名前スタンプで名前を書いた後に、その上からセロハンテープを貼って、名前をガードします。


たったこれだけで、名前は消えることがなくなり、名前を何回も書きなおす手間がなくなります。

セロハンテープは透明のビニールタイプの物を使えば、ポケットティッシュと同化するので言わなければセロハンテープを貼ってあることはパッと見はわからないので、見栄えもきにすることなく使えます。


低コストで簡単に出来る、ティッシュの名前が消えない裏ワザ、ぜひやってみてください。



その他のポケットティッシュの名前が消えない方法


1.ポケットティッシュケースを作る


幼稚園のお友達で、ポケットティッシュの名前がすぐに消えるし、ツルツルしていて落としやすいので、ポケットティッシュケースを手作りしているママがいました。

布でポケットティッシュケースを作ると、ポケットに入れていても滑らないので落ちないそうです。

器用な方は、ポケットティッシュケースを作ってみてもいいですね。


私もこれを真似して一度作りましたが、子どもはキャラクターの絵が見えなくなるから嫌だ!と言って使ってくれませんでした(涙)


2.お名前シールを貼る


入園時に、大量の用品への名前付け作業がありますが、この作業を軽減してくれるのが、お名前スタンプと並んで人気のお名前シール。

お名前シールはいろいろなサイズや素材の物がありますが、撥水加工のものを選ぶと、コップやお箸などの水を使う食器類にも使えるのでとても便利です。

最近では、洋服のタグにそのまま貼りつけるノンアイロンタイプのお名前シールも人気なので、多めに注文しておいてポケットティッシュに貼るのもいいですね。




デメリットはコストが高いこと。でも、キレイに貼れるし、マークなど入れることができるので、文字が読めない小さな子どもでもマークを頼りに、自分のものかどうかの判断ができるところがいいところです。



まとめ


ポケットティッシュの名前がすぐに消える悩みは解消できたでしょうか?
コストもかからずすぐに出来るセロハンテープの裏ワザ、ぜひつかってみてくださいね。



スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント