おいしいご飯の炊き方 鍋を使って1合でも簡単に炊く方法

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
IMG_4001


最近ハマっているのが鍋でご飯を炊くこと。

鍋で炊くと1合でも2合でも、早く簡単にふっくらツヤツヤもっちり極旨に炊けるんです。


そのきっかけになったことが、ついうっかり炊飯器にお米をセットし忘れたこと。しかも、連日・・・


子供が幼稚園から帰ってきて、「外で遊ぼう」と急かすので、そのまま外で遊んで5時に帰ると、「あーー!!炊飯器のセット忘れちゃった!!」

あわてて、炊飯器の急速早炊き炊飯ボタンを押すという羽目に・・・

でも炊飯器の急速早炊き炊飯モードで炊いたご飯は、乾燥してちょっと芯がある感じでおいしくないんですよね。


そこで、キャンプでは常識の、「鍋でご飯を炊く」を普段の鍋でやってみることにしました。

すると、炊飯器で炊いたご飯とくらべものにならないくらいおいしいご飯が炊けたので、それ以来毎日鍋でご飯を炊いています。


しかも、鍋で炊くと、冷めてからもおいしい(冷めた方がむしろおいしい?!)のでお握りにすると本当にそのおいしさがわかります。


鍋でご飯を炊いたことがないと、


  • 焦げるんじゃないの?
  • 火加減は?
  • 芯は残らない?
  • 水の量は?


などなど、不安要素がたくさんありますが、火加減と水の量を守れば、簡単にふっくらツヤツヤのおいしいご飯が炊けますよ。

炊飯器のセットを忘れて、ご飯を炊き忘れたー!!と焦っても、万が一の時も、鍋を使ったご飯の炊き方をマスターしておけば安心です。


ご飯を鍋で炊くのにかかる時間



お米の給水時間を除いて、火にかける時間は10分、蒸らし10分の合計20分


現在の炊飯器は、

マイコン式
IH式
圧力IH
ガス炊飯器

と様々なタイプの物が販売されているので、各炊飯器によって、炊飯時間も違っています。

我が家は圧力IH炊飯器を使っていますが、白米モードで約50分、急速早炊きモードで約30分なので、鍋でご飯を炊いた方が圧倒的に早く炊くことができます。


お米の量と水の量


お米              水
1合(180cc=150g):216cc
2合(360cc=300g):432cc
3合(540cc=450g):648cc
4合(720cc=600g):864cc
5合(900cc=750g):1080cc

体積の1.2倍、重量の1.4倍の水を入れる



使う鍋、最初にはかったお米の種類(新米・古米など)によって、表示されている水加減では出来上がりに差がでます。また、硬めが好き・柔らかめが好きなど、硬さの好みがあるので、基本の水の量を微調整して自分好みの水の量を探してみてください。


お米のとぎ方と吸水時間


ご飯をおいしく炊くには、研ぎ方や吸水時間など、ちょっとしたお米への気配りで炊きあがりが全く変わってきます。


すすぐ


①お米をボウルに入れて、蛇口から勢いよく水をだし、大きく2~3回かきまぜたら、すぐに水を捨てる(10秒以内)

②最初の水は吸収されやすく、米ぬか臭がつきやすいため、水を素早く捨てる

洗う 次の内容を2~4セット繰り返す


①手の指を立てて、ボウルの内側に沿って、米を30回(約15秒)大きくかき混ぜる(この時、水は入っていない状態で)

②水をそそいで、大きく2~3回かきまぜて水をすぐに捨てる


お米の吸水タイム


①米をザルにあげて水けをきり、鍋にお米を移す。

②炊く量に合った水を入れ、夏場は30分・冬場は1時間吸水させる。


米全体が白濁したら吸水完了。
芯が残らないようにふっくらもっちりたくためにも、お米にしっかりと吸水させるのがポイントです。
(逆に吸水させすぎても、お米がふやけすぎてべちゃべちゃのご飯になるので注意!)



鍋で作るおいしいご飯の炊き方


①フタをした鍋を火にかけ、中火の強火で熱する。

②フタがカタカタして、泡がフタから出てくるか、蒸気が上がったら、すぐに極弱火にする。



③極弱火で10分炊く。

ご飯の表面にまだ水分が残っていたり、泡がプクプくしているようなら、もう少し加熱して(1分)水分を飛ばす。

④10分蒸らし完成。


濡れ布巾の上で蒸らすと、鍋にご飯がくっつくのを押さえられる
蒸らしの時間は結構重要。この時間を飛ばしたくなりますが、蒸らしの時間にご飯の芯までしっかりと火を通すことができます。


鍋には全然ご飯がくっついていない↓

美味しく炊く裏ワザ


低い水温から炊飯をスタートするとより多くの糖が生成されて、ご飯の甘みが増すので、冷たい水で炊くか、炊く直前に氷を2個くらい入れて炊くとおいしくなります。

炊く鍋によってもおいしさが変わります。わが家ではビタクラフトという無水無油調理鍋を使っていますが、ステンレス5層構造で、熱伝導と保温性に優れているため、他の手持ち鍋で炊くよりも格段においしく炊きあがります。

本当においしく炊きたい場合は、鍋にもこだわってみるといいですね。


まとめ


息子たちは、ご飯を鍋で炊くと、「おいしい!!」と言って何杯もおかわりするほど。さらに、甘みが増すので、ふりかけやご飯のお供は必要なく、ご飯本来のおいしさを楽しむことができます。

一度鍋でご飯を炊くと、炊飯器炊きに戻れなくなるかも?!

我が家ではなるべく鍋炊きにして、毎日おいしいご飯を食べるようにしています。想像しているよりご飯の炊き方が簡単なのがお分かりいただけたでしょうか。毎日食べるご飯、おいしくいただきたいですね。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントは2件です

  1. 早川教子 より:

    こんにちは。このたび一人暮らしを始めて
    炊飯器を持たずお鍋でごはんを炊く生活にしようと思い
    3ヶ月ほど自力で試してみましたがどうしても
    苦手なお焦げができて硬くて不味くてどうしようかと
    思ってた矢先にこちらのブログにたどり着きました。
    ご紹介されている方法で試してみたところ、
    「同じお米か!?」と思うほど美味しくできたのです。^^
    シンプルで少しのコツでここまで美味しくなるものなのですね。
    あまりにも感動でコメントさせていただきました。
    唐突ですみません。お礼までです。

    • haru より:

      早川さま

      こんにちは。
      うれしいコメントありがとうございます!

      お鍋で上手にごはんが炊けたようでよかったですね^^
      炊飯器よりも美味しいですよね。

      子供達もお鍋で炊いたご飯だと必ずおかわりするほどです。

      ブログ記事がお役に立てたようでうれしいです^^

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント