スポンサーリンク

スキレットレシピ ピーマンの肉詰め 剥がれない焼き方とコツ

目安時間:約 4分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
FullSizeRender


ご近所さんにピーマンをたくさんいただいたので、スキレットでピーマンの肉詰めを作ってみました。


ピーマンの肉詰めで悩むのは、ピーマンとお肉が剥がれてしまうこと。

どうやったらピーマンが剥がれないように焼けるのか、スキレットでの上手な焼き方・レシピをご紹介したいと思います。

スキレットでピーマンの肉詰めを焼くと、ピーマンはトロッとジューシー、お肉はフワッとジューシーに焼きあがりますよ♪


スキレットで焼くピーマンの肉詰めの作り方


【材料】

肉詰めのタネ

ピーマン 6個
ひき肉(豚でも合いびき肉でも) 300g
玉ねぎ  1/2個
たまご  1/2
ナツメグ 少々
塩    少々
パン粉  1/2カップ
牛乳   大さじ2
小麦粉  適量

照り焼きのタレ

しょうゆ 大さじ2
砂糖   大さじ2
みりん  大さじ2
お酒   大さじ2


【作り方】

①玉ねぎはみじん切りにし、透き通るまで炒める(電子レンジの場合約3分加熱)

②ひき肉に塩とナツメグを入れ、粘りが出るまでねり、冷めた玉ねぎ・たまご・牛乳に浸したパン粉を入れて混ぜる。

③ピーマンは半分に切り、種だけ取り除く。ヘタとピーマンの中にある白い部分は残す。

④ピーマンをビニール袋に入れ、小麦粉を適量いれてよく振り、ピーマンに小麦粉をしっかり付ける。



⑤ピーマンの中に肉をぎゅうぎゅう詰める。多めに。

⑥スキレットを煙がでるまで中火でプレヒートし、肉の面を下にして焼く。



⑦すぐにフタをして、5分中火で加熱。




⑧焼き色を確認して、ピーマン側にひっくり返し、1分~2分焼き色が付くまで焼く。




⑨ピーマンはお皿に取り、タレの材料を入れて煮詰める。

⑩たれをピーマンにかけて出来上がり。


ピーマンが肉から剥がれるのを防ぐ方法


ピーマンを半分に切った後、種を取り除く際に、白い筋はなるべく残しておくと肉がピーマンに絡みつき剥がれなくなります。

また、小麦粉をしっかりまぶすことで肉離れを防ぎます。


小麦粉の代わりに、とろけるチーズをピーマンの皮に乗せて、そこに肉を詰める方法でもピーマンから肉が剥がれるのを防げるし、ピーマン嫌いの子供もおいしく食べられる裏ワザです。


スキレットに肉がくっつくのを防ぐ方法


スキレットはしっかりとプレヒート(余熱)することが大事。

スキレットに油を引いた時に、油がサラーっと流れるくらい温めれば肉がくっつきません。

また、焼いてからしばらくはそのままにして動かさないでください。すぐに動かすとくっついてしまいます。



まとめ


スキレットでピーマンの肉詰めを焼くとピーマン嫌いの子供もたくさん食べてくれます。

ちょっとした工夫で、ピーマンが剥がれるのも防いでくれるので、コツを掴んでぜひ見た目もおいしいピーマンの肉詰めを極めてくださいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント