スポンサーリンク

簡単なのに絶品!スキレットでつくるハンバーグの焼き方

目安時間:約 5分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
IMG_3972

オシャレなカフェや、ハンバーグレストランなどで見る、スキレットに乗ったハンバーグ。

ソースがジュージューいっておいしそうなハンバーグとオシャレな見た目、おうちごはんをオシャレにするべく、スキレットでハンバーグを焼いてみました。


今回の作り方は、オーブンは使わず、コンロの火で焼くだけの簡単なのに絶品ハンバーグの作り方を紹介します。



ハンバーグの材料(4人分)


<ハンバーグのたね>
  • 牛豚合いびき肉 400g
  • 玉ねぎ     小1個
  • 塩       小さじ1/2
  • ナツメグ    少々
  • たまご     1個
  • パン粉     1/4カップ

  • 下ごしらえ 玉ねぎをバターで炒めて冷ましておく

スキレットで炒めると2分くらいでできます


<ソース>
  • きのこ類     お好きなだけ
  • ウスターソース  大さじ2
  • ケチャップ    大さじ4
  • お酒       大さじ1
  • みりん      小さじ1



ハンバーグの作り方


①合いびき肉に塩とナツメグを入れ、粘りが出るまでこねる。

②玉ねぎ・たまご・パン粉をすべて入れしっかり混ぜ合わせる。



③ハンバーグのたねを小判型に丸める。


④きのこ類は食べやすい大きさに切る。

⑤ソースを混ぜ合わせておく。



スキレットでのハンバーグの焼き方


①スキレットを中火にかけ、プレヒート(余熱)する

(プレヒートとは、スキレットを熱して、食材がくっつかないようにすること)

②フライパンからうっすら煙がでたら、薄く油を引き、ハンバーグのたねを入れて焼く。



③2分くらい焼いたら裏返す。



④フタをして(無い場合はアルミホイルで代用できます)、約4分焼く。



⑤その間に、別の鍋かスキレットでバターできのこ類を炒め、混ぜておいたソースを入れる。

   


⑥約4分焼いて、ハンバーグから透明の汁が出ていたら出来上がり。赤い汁や濁った汁がでてきたらもう少し焼く。



⑦ハンバーグにソースをかけ、付け合せの野菜を乗せたら出来上がり。


スキレットでハンバーグを焼くときのポイント

ハンバーグをスキレットで焼く前に、必ずスキレットをプレヒートしてください。
温度が低すぎると焦げ付きの原因になり、温度が高すぎても焦げの原因になります。
最初はプレヒートの温度の見極めが難しいかもしれませんが、スキレットに手を近づけて「熱い!」と感じるくらいです。



まとめ


スキレットでハンバーグを焼くと、ハンバーグの表面はいい感じの焦げ目がつき、水分・うまみ・肉汁がハンバーグ内にとどまるため、ふっくら・ジューシー・ふわふわに焼きあがります。

普通のフライパンで焼いた時のパサパサ感は全くありません。

我が家の次男は、普段ハンバーグを残すんですが、スキレットで焼いたハンバーグはおかわりを要求してきました。ハンバーグのおかわりはありませんから!

ということで、ハンバーグをスキレットで焼いただけで、お店で食べるよりも何倍もおいしい絶品ハンバーグが簡単にできるのでチャレンジしてみてください。お店でハンバーグが食べられなくなるほどおいしいですよ。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
サイト管理人

ようこそ!ブログ管理人のharuです♪子育て真っ最中のアラフォー主婦です。毎日をゴキゲンに過ごすためのヒントを発信していきます。どうぞ、よろしくお願いします。

人気記事best10!
スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー一覧
最近のコメント